リーダーの条件

昨日、松下電工の集まりで帝国ホテルで講演会がありました。
日刊スポーツの論説委員でスポーツジャーナリストの
野崎さんという方の講演で
以前、ニュースステーションで久米宏とよく出ていた
眉毛に特徴のある人です。

テーマは「プロ野球に見るリーダーの条件」でした。
いろいろなプロ野球の監督の話が出てきましたが
その話を聞いていて自分はリーダーとしてプロ野球で言うと
どのタイプの監督かと考えてみました。

先ず私は、人に管理されるのも嫌いですし
人を管理することも嫌いです。

その意味で管理野球をする監督
例えば川上、広岡、森などの監督では間違いなくありません。

データを重視する必要は痛感していてデーターは大切にしていますが
野村監督のようにはなりきれていないのでID野球タイプでもありません。

もちろん、激情家でもなく鉄拳制裁をするタイプでもないので
星野仙一タイプでもありません。

自分が今そうなれているかどうかは別として
自分が目指しているのは個々の個性を重視してのびのびとさせるリーダー
仰木彬氏やボビー・バレンタイン監督だと思います。

仰木さんは残念ながら先日亡くなりましたが
野茂やイチローの個性を重視した人材育成はすばらしいと思いますし
十数年前の近鉄とロッテの10.19のとき
もう優勝が無くなった後の9回裏の守備を見守る仰木さんの姿は
今も目に焼きついて離れません。

そもそも、私の考え方の中に
いいリーダーとは2つのタイプがあると思います。
ひとつは強烈な個性とリーダーシップでぐいぐい引っ張っていくタイプ
星野仙一がそのタイプと思います。
もうひとつはあまり自分自身は目立たず
個々に自由にさせながら知らぬ間に理想とするかたちに全体を導くタイプ
これが仰木さんやバレンタインだと思います。

二人はよく似通っていて普段はいつも面白いことばかりいっていて
特に仰木さんは不良中年を装った発言もよくありました。
二人とも毎日のようにオーダーを変えて思いつきのようにも言われますが
実はそれなりの深い読みがある。

やはり自分は仰木さんを理想としています。
あのようになれるにはもう少し年季が必要かもしれませんが・・・。
ナサホームの中の誰が野茂で誰がイチローになれるか楽しみです。

情報の氾濫

経営者の方なら皆さんご経験があると思いますが
毎日、何件もの営業の電話や
大量のダイレクトメールが届きます。

ダイレクトメールはほとんどそのままゴミ箱行きなのですが
重要な郵便物が混ざっていることもあるので
一応確認しなければなりません。

一番厄介なものは営業の電話です。
先物取引のたぐいが一番多いのですが
皆、良く訓練されているのか一様に大きな声で
明るく電話をしてきますが売込みみえみえです。
そしてこちらが断ろうとするといきなり電話を切ってきます。
またホームページを見ているのか個人名で名指しで来るから厄介です。

それと今、一番うんざりしているのが迷惑メールです。
アドレスをホームページで公開しているので
毎日、50通以上のメールが届きそのほとんどが
いかがわしい出会い系のメールです。
大量に届くので大量に削除するのですが
中に必要なメールも間違って削除したこともあります。
なんとか法規制を実施して欲しいものです。

ちょっと愚痴っぽくなりましたが
こんな情報の氾濫している中で
やっぱり一番信用できるのが「口コミ」です。
ダイレクトメールなら即ゴミ箱行きの情報でも
取敢えず話は聞いてみることになりますし、
元々知り合いから「いいよ」と紹介されているわけですから
契約する気満々です。

ナサホームも今まで以上にお客様から「いいよ」と沢山の人に
紹介してもらえるようにこれからも努力していきます。

来年の新卒採用

来年の新卒採用の活動がスタートしました。
去年は自社単独でスタートしたのですが
今年はワイキューブさんという会社にお手伝いしていただきます。

きょうその打合せが朝からありました。
会社説明会やら面接選考やらで3月4月は忙しくなりそうです。
例によってあがり症の私には気の重い作業です。

ただ、そのワイキューブさんの担当の女性が
すごく美人なんです。
それで、うちの茨木店の○○○が一目惚れして
「結婚したい」などとたわけたことを言い出して大変です。
おまけに「相手もオレのこと意識しとる」とか
「あの人はお嬢様っぽいからオレみたいにワイルドな男にひかれるはずや」
などと自意識過剰な訳のわからないことまで言い出しました。

まあ○○○も忙しい仕事のなかでちょっと位そんな楽しみもあっていいでしょう・・・。

『まもなく』の限界は?

少し寝不足です。
きのう日本テレビの女子アナに騙されました。

トリノオリンピックのモーグル予選を見ていたのですが
夜12時半ごろ終わりました。
そうしたら、テレビで「まもなくモーグル決勝です」と言っています。
まもなく始まるなら見てから寝ようと待っていました。
なんども「まもなく始まります」と言っています。
でも他の競技やらトリノの街の紹介やらをやっています。
また日テレの女子アナが出てきて
「まもなくモーグルの決勝です。その前にもう一度予選の日本選手の活躍を
見ていただきましょう」といいました。
そしてまた予選を見たのですがそれが終わったらすぐ始まるのかと思いきや
いきなりアイススケートの5000mが始まりました。
さっきの女子アナは出てきません。もう1時半です

さすがにおかしいと思い新聞のスポーツ欄を見ました。
なんと決勝は午前3時からです。

思わず叫びたくなりました。
「さっきの女子アナ呼んで来い!予選12時半に終わって
まもなくが3時かい!!天下の日テレが視聴者だますな!!」

それですぐ寝ましたが
『まもなく』の限界ってどれくらいでしょう。
例えば、オリンピックが始まる三日くらい前に
「まもなく開幕するトリノオリンピック会場では・・・・・」はOKだと思いますが
12時半に予選がおわって「まもなく決勝です」は30分から1時間が限界と思いません?
まして夜中のことですし。

私の感覚が間違っているのでしょうか・・・・・?

リフォームをする理由

ナサホームでリフォームをされるお客さんは
それぞれいろいろな理由があってリフォームをしていただいています。

最近、ちょっと珍しくいろいろ考えさせられる理由の
お客様がいらっしゃいました。

年配のご夫婦なのですがご主人が病気で余命幾許もない状態。
うちの社員が現地調査にお伺いしたときは
ご主人は病床に臥されたままご希望のリフォームの内容を指示されたそうです。
理由は自分の死後、いろいろな人が弔問に来られたとき
少しでも家を綺麗にしておきたいからとのことでした。

暫くして工事が始まった頃にはご主人はもう入院しておられました。
そして工事が終わる2日ほど前に亡くなられたそうです。
残念ながら綺麗になったご自宅はご覧いただくことは出来ませんでしたが
その後の初七日や四十九日などの法要は
綺麗になったお家で出来ることでしょう。
ご主人が少しでも思い残すことが減っていたのであれば幸いです。

ナサのお客様は40歳台から60歳台の方が中心ですが
『子供も独立して老後を快適に過ごすため』と言うのは
もっともポピュラーな理由のひとつです。
今回のケースは『人生の最期の為の準備』

人生の最期の場面で少しでもお役に立てて何よりです。

ブログのイメージを変更しました


ご覧いただいている通りブログのイメージを変更いたしました。
正月に古くからの友人からコメントを入れれるようにしたほうがいいとの
ご指摘もありましたものですから。
トラックバックも貼れますので
皆さんどんどんコメントを入れてください。

幹部会


昨日、久しぶりに
幹部会をしました。
幹部会とは
私と4人の部・店長が
食事をしながら
ああでもないこうでもないと
議論しあうのですが
昨日も、若手の教育方法に
ついて議論沸騰しました。
「おれはどうして勉強した」だの「今のうちの若手には
もっと何が必要」だのと3時間以上やりました。
ただ、いつものパターンと言うのもあって
安部店長が大声でわいわい意見をいい、
柳部長が林店長の言うことを否定しまくって
いじめて最後に林店長が半泣きになってすねる。
変なパターンができたもので
昨日もやっぱりそうなりました。

以前と違っていたのは
以前なら食事が終わっても
岡田店長が綺麗な女の人がいるところに行きたがったのですが
子供ができてからというもの早く帰るようになったことぐらいです。
そんなこんなで8時から11時半までの
健康的で意義ある幹部会でした。

トリノが怖い

まもなくトリノ冬季五輪が開幕します。
日本選手団に大活躍をしてもらいたいのですが。
少し心配があります。
大きなイベントがあると
弊社のチラシを見てお電話くださる
お客様の数がその期間減少するのです。
気持ちがそちらの方に集中してしまうのでしょう。

ただ日本でやらないので影響は僅かかなとも思います。
これまでで最悪だったのは4年前の日韓共催サッカーワールドカップです。
地元開催ということでマスコミも連日の大報道でした。
おかげでその期間、電話がほとんど鳴りませんでした。

2年前のオリンピックは日本勢が活躍したのに関わらず
そんなに影響がなかったので
今年の冬季五輪も大丈夫であって欲しいものです。

ただ、今年はサッカーワールドカップもあるので少し危険です。

素直に日本を応援できない因果な商売です。

ホテル東横イン

最近のニュースで
東横インの事件が結構延々と報道されています。
ご存知の通り、建築時に義務付けられている
駐車場や障害者用に施設を完了検査後に
変更していた事件です。

東横インの社長の開き直った記者会見が問題になりました。
「60キロの道路を67~8キロで走ったようなもの」
よく堂々と言ったものです。
でも気持ちも少しはわかります。
建築業界や不動産業界では時々聞く話です。よくある話なのです。
でも、してはいけないことなのは、当たり前のことでしょう。
業界に長くいて感覚が麻痺してしまったのでしょうけれど・・。
小さな旅館のオヤジが言ったのならこんな騒ぎにはならなかったでしょう。
100件以上をチェーン展開するホテルのオーナー
自分の発言が社会に与える影響を自覚して欲しいものです。
会社が急激に成長してもこの社長の感覚は成長していないのでしょう。
増して障害者を軽んじる発言はもってのほかです。

ところで私も今まで出張時に東横インに泊まったことがありますが
時々「ホテル東横イン」と書いてあります。
インと言うのもホテルのことですよね。
「ホテル東横ホテル」と書いてあるのと同じですよね。
まあこの社長はわかりやすいことがお好きなようです。