犬の十戒

最近チラシを見ていて目頭が熱くなることがありました。
マルエスというペットショップのチラシなのですが

私は家に犬が2匹います。
親子のダックスフントですが
子供の方の犬は毎日布団に入ってくるので
一緒に寝ています。

要するに私も犬好きなのですが
だからかもしれませんが本当にちょっと感動しました。

ペットショップの人が考えたのか
他から引用されたものなのかわかりませんが
下記に引用しますので最後まで読んでみて下さい。

犬の十戒
1、私の一生は10年から15年くらいしかありません。ほんの僅かな時間でも
貴方と離れているのはつらいのです。私のことを飼う前にどうぞそのことを考えてみてください。
2、私が『貴方が私に望んでいること』を理解するようになるまで時間を与えてください。
3、私を信頼してください・・・それだけで私は幸せなのです。
4、私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないでください。貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。でも・・・私には貴方だけしかいないのです。
5、時には私に話しかけてください。たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で理解しています。
6、貴方がどれほどに私を扱っても私がそれを忘れないだろう事に気づいてください。
7、私を叩く前に思い出してください。私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めていることを
8、言うことを聞かない、頑固だ、怠け者だと叱る前に私がそうなる原因が何か無いかとあなた自身に問いかけてみてください。適切な食事を与えなかったのでは?日中太陽が照り付けている外に長時間放置していたかも?心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?
9、私が年をとってもどうか世話をしてください。貴方も同じように年をとるのです。
10、最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送ってください。「見ているのがつらいから」とか「私のいないところで逝かせてあげて」なんて言わないで欲しいのです。貴方が側にいてくれるだけで、私はどんなことでも安らかに受け入れられます。

そして・・・忘れないでください。
        私が貴方を愛していることを

いたわり

最近、ずっと千里中央の出店準備、工事の段取りで
極度の過労状態です。
全身がだるく頭が朦朧とすることもあります。 
若年性の脳梗塞になるのではと心配なくらいです。
歳のせいかここ一番のふんばりが辛くなってきています。

で、なんです。
うちのスタッフが
「社長一日ゆっくり休んでください」とか
「江崎が一日予定空けるって言ってるから江崎に任せて休んでください」とか
柳部長をはじめ本来口の悪い連中が
『いたわり』の言葉を掛けてくれるようになりました。

嬉しい反面複雑です。
まだまだこちらから周りに『いたわり』を掛けないといけない歳なのに・・。
こうして年老いていくのでしょうかねぇ。

今は確かに超ハードワークですが
ひと山を越えてゆとりができたら
周りの人々に『いたわり』を与えていくようにしたいものです。

明日に架ける橋

昨日から今朝にかけて大変な1日でした。
実は、正式に発表するのは初めてなのですが
千里中央の千里セルシーに新規出店を計画していました。
去年の暮れからいろいろプランニング等を初めていまして
着工はもう少し先になるのですが・・・。

先ず、神事と資材搬入を行ないました。
大型ショッピングビルの高層階ですので
資材搬入がレッカー作業でしかも深夜しか出来ません。

リフォーム業者としてはレッカーでの夜間作業は不慣れな部分もあり
また、昨夜は明け方まで雨でした。
本当は順延したかったのですが
他の業者さんが別の日にレッカー作業をする関係で
仕方なく決行しました。
兎に角安全第一で行ないましたが
本当に大変な作業でした。

当初、現場監督5名と職人さん5名でやるつもりだったのですが
千里の倉庫から資材を運搬するトラックが荷崩れを起こす
ハプニングがあり監督4名がそちらの対応のため抜けてしまいました。
ただ、営業マンが多数応援に来てくれたので
4トン車7台分の資材を無事に運び込むことが出来ました。
営業マンの中にはちょっと様子を見に来ただけの者も数名おり
スウェットやパジャマ姿で来ていたものもいました。
ある社員は彼女を車に待たせて来ていたようですし
座古は合コンで気に入った女の子がいなかったので
途中で抜けてきていたようです。
しかし荷崩れの関係で人手が足りず、大変な重労働をさせてしまいました。

夜中の3時くらいに監督が戻ってきたので
営業マンは帰るように伝言したのですが
柳は「一晩くらい寝んでも大丈夫や!朝までやる!」などと
相当疲労していてかなりハイになって
義理人情の世界のようなことを言っていました。
無理に帰らしたのですが
雨の中、交通整理をさせていた藤本は
手がかじかんで温まるまで車が運転できないといい
御大の花隈も腕が馬鹿になって運転できないと暫く帰れませんでした。
しかしみんな何故かとってもかっこよかった。
すごくかっこのいい連帯感のある集団だと感じられました。

搬入の後半から私と数名は墨出しにとりかかり
終わったのは朝6時を廻っていました。
全身極度の疲労の中ビルから出ると夜は明けており
車に乗り込み帰途に着くと
カーラジオからサイモンとガーファンクルの「明日に架ける橋」が
心地よくかかっていました。

ちょっといい雰囲気にひたれた瞬間でした。