西岡明香(経営者から見た若手社員 PARTⅡ)

今日は近くに西岡がいたので西岡の話を書きます。

彼女もひらめと同期の2年目です。
ニックネームはマムと呼ばれていますが
背がちっちゃいのでミニマムから来ているようです。
マムでは可愛らしすぎるのでわたしはチビマムと呼んでいます。

彼女はとにかく頭の回転の速い娘で
会話をしていての受け答えは迅速で心地がいいです。
また頭の回転の速さのせいか同期の中ではリーダー格です。

茨木店で柳部長と仕事の話をしているのを見ていると
おじいさんと孫娘といった感じです。
柳部長がちょっとイライラしている横で
けらけら笑いながら資料を探したりカタログの棚へはしったりと
とにかくチョコチョコと走り回っています。
おじいさんがいらつきながら同じ話をウダウダ言っている横で
孫娘がけらけら笑うので怒りたくても怒れないって感じです。

また、自意識過剰なところがあるのも彼女の特徴です。
私が彼女としゃべっていると
「社長!私ら若いおねえちゃんとしゃべれてうれしいでしょ」
などといいます。
そんなわけ無いですよね。若けりゃ何でもいいって事はありません。
でもそんなことをぬけぬけと言ってしまうような奴です。
しかし、その自意識を少しでも傷つけると泣いてしますこともあります。
「涙の女王」とどこかの韓流スターのように呼ばれる由縁です。

でもあの頭の回転の速さと廻りへ気配りの出来るところはすばらしいと思います。

これからも頑張って下さい。

近本美和子(経営者から見た若手社員PART Ⅰ)

以前、ひらめ(近本のこと)が嬉しそうに話しかけてきました。
「目と目の間、自分で測ったら4センチ5ミリもあったんっすよ」
そこで、その場にいた全員の目と目の間を測ってみました。
ほとんどが3センチから3センチ5ミリの間です。
「やっぱりお前の目、すごいな」という話になったのですが
彼女は終始
「キャハハハハ」「キヒヒヒヒ」「イキキキキ」と笑い続けています。

入社したころは多少おどおどしたところがありましたが
今は、本当にみんなに馴染んでとにかく明るいのです。

彼女を説明するためのキーワードはいくつかあります。

体育会系で行動派、とにかく明るい、男っぽい

先日も現場監督が耐震診断のために
お客さんの家の床下やらやら天井裏に入っていると
自分は入らなくてもいいのに入って大喜びしていたそうです。
そして私にも報告してくれました。
「お客さんの家の天井裏入ったっすよぉ」
普通、23歳の女の子が天井裏や縁の下に蜘蛛の巣まみれになって
入りたい訳もないのに彼女はそれが嬉しくてしようがないようです。

こんなこともあったそうです。
去年、タバコが値上げされるときに
先輩からタバコのまとめ買いを頼まれたそうです。
それが、値上げ前日の夜だったために
タバコ屋のおじさんから「もう売り切れました」と言われたそうです。
彼女は言ったそうです。「前の自動販売機に入ってるやん、あけて全部だしいや」
頼もしい限りです。
千里店が引越しをした日にも
引越しそばをみんなで食べようと言って
出前をしていないそば屋に無理やり配達させていました。
とにかく行動派です。武闘派かもしれません。
でもとにかく陽気です。
ほんとにいつも彼女の側からは
「キヒヒヒヒ」「イヒヒヒヒ」「ケヘヘヘヘ」という笑い声が聞こえてきます。

会社の中でいいムードメーカーになっている彼女で
仕事もむちゃくちゃ頑張ってくれています。
でもいくつか直していってほしいところもあります。

彼女は本当はけっこう美人だと思うのですが
無理に目を二重にしようとしてのりのようなものを瞼につけています。
それがよく半分はがれてガビガビになっています。
また身なりを気にせずシミのついたズボンでも平気でいます。
体育会系だからかもしれませんが
せっかく親が美人に生んでくれたのだから
身だしなみは注意してほしいものです。

次回は宮川梓か中島優にしようかなぁ。

まだまだ大変

千里セルシー店が無事にオープンし
そろそろホッと一息かなと思いきや
長い間、セルシー店のためにほったらかしていた仕事が
山のようにあります。

なかなか暇が見つからず
また見つかっても生来の貧乏性のため
ゆっくりすることなくセカセカと仕事をしてしまっています。

最近会う人からよく「ブログもっと書いてください」といわれるので
ちょっと考えました。

私が毎日忙しくしている話ばかり書いても面白く無いし
うちの若手社員の紹介でも書いてみましょうか。
「経営者から見た若手社員」といった題名で・・・。
うちの社員は何故か個性豊かな連中が多いです。
一人として似たタイプの人間がいません。
その社員が担当させていただいているお客様が
ご覧になっても面白いかも知れませんし
その社員の親御さんが見れば「うちの子、外ではこんなんなんや!」と
再発見されることもあるでしょう。

取敢えず、今年2年目の4名からでも書いて見ましょう。

次回、近本美和子(通称 ひらめ)からスタートします。

ご期待ください。

千里セルシー店グランドオープン

弊社で過去に工事をしてくださったお客様対象の
プレオープンに引き続き
昨日、千里セルシー店がグランドオープンいたしました。

予想をはるかに上回る数のお客様が来店され
オープニングイベントとしては5時までの予定が
8時ころまでお客様が途切れずに大盛況でした。

今日13日も二日目ですが沢山の方にご来店いただいております。
この二日間、娘の奈紗にもピアノを弾きにアルバイトで来てもらっています。

今年に入って私はこの店の出店準備に追いまくられていましたが
このまま無事に立ち上がってくれるとほっと一息です。

今年、正月からほとんど休んでいませんので
ぶらっと一人旅にでも出てみるとしましょうか。