忘年会

今年は例年以上に忘年会が続きました。
フェイスブックの影響もあり古い友達との集まりが
すごく増えたこともあります。
そのたくさんの忘年会の中で私が大学を卒業して
初めて就職した鴻池組の現場の忘年会がありました。
忘年会というより当時の現場の所長の名前をいただいて
「三宅会」と呼んでいて年に3回くらい集まっています。
この集まりが毎回 感慨深いものとなります。
後輩もいますが多くが私のかつての上司ばかり。
集まりではもちろん昔話の花が咲くのですが
自分がこの人たちに育まれたのだと実感できます。
特に、三宅元所長の影響は決して小さいものではありません。
部下への接し方はもちろん
社員旅行をはじめ福利厚生や忘年会、新年会などの会社の行事、
冠婚葬祭の立ち位置など三宅さんを手本にしているところが
少なからずあります。
やはり社会人になって初めて仕える上司の影響は絶大です。
もし、あまりよろしくない上司に仕えることになっていたら
今の自分は無かったとさえ思います。
社会人になって初めて仕える上司というものは
その人のその後の人生に大きな影響を与えるものなのだと思います。

弊社も毎年多くの新卒社員が入社してきます。
弊社の先輩社員がそのことを意識して
部下の指導に当たってくれることを強く願います。

下の写真、中央のベレー帽の方が三宅元所長です。
横の紅一点が今回初参加 事務補助の名田さんです。
みなさん歳を取られましたが昔と変わらずお元気で嬉しい限りです。