ナサホームの20年(5)

10. 日住サービス

平成5年4月1日、心新たに日住サービスに出社しました。そうすると、いきなりこの人について説明を受けるようにと指示をされました。この人とは建設部の部長でした。すなわち建設部に配属されたわけです。独立しやすそうだから不動産の会社に入ったのに建設部に入るくらいなら鴻池組でよかった訳で出端をくじかれた感じです。
またこの建設部長の話がくだらない。朝は先ずモーニングに行こう。昼は今のイーマのあたりが当時バラックの密集地だったのですがその中に阪神百貨店の女の子がいっぱい来る通称阪神食堂と呼ばれている中華料理屋があるから毎日行くだとか3時のコーヒータイムはどこそこの喫茶店へ行けばポイントカードがあって10回行けばタダになるとか・・・・・。
とにかくくだらない話と自分の過去の自慢話をモーニング、阪神食堂、ポイントカードの喫茶店と付き合わされながら聞かされました。その夜帰宅してから考えました。不動産営業ができずこの上司の下で仕事をするなら辞めようと決心し4月2日に出社してすぐ建設部長にその話をしました。彼はあわてて社長のところへ行き、しばらくすると社長へ呼ばれ社長と専務から不動産の営業部への配属を言い渡されました。その時社長が「給料は多いほうがいいだろうから・・・・」とおっしゃりかけたのを遮って「実績のないうちはいくらでもいいです。実績あげたら沢山ください。」と言いました。社長と専務は笑いながら「よし」と言ってくれましたが、私が馬鹿でした。いくら実績を上げてもほとんど給料が上がることはありませんでした。
不動産営業マンになってとにかくガムシャラでした。数字で他と圧倒的な差をつけようと必死でした。人より多少業績が良いだけでは大した成功は期待できない。夢を実現するためには他を圧倒するくらいダントツでなければならないと考えていたのでした。また仕事も面白くて仕方がなかった。一般客への売買仲介なのですが、自分の話の組立て方一つで売主さんでも買主さんでも自分の思う方向に気持ちを持っていくことができる。思い通りにハマった時にはこれぞ仕事の醍醐味と思えました。とにかく必死で頑張りましたが、頑張りすぎて車を運転中、意識が朦朧としかけたことがありました。「過労死ってこんな感じなんかな」と思ったのを覚えています。
3か月目からはトップクラスの売上をあげ1年ほどで新大阪店の店長になりました。残念ながら私の所属した本店営業部も新大阪店も数字の上がる店ではなかったのですが、それでも新大阪店では連続店舗達成を続けました。
ただ毎月、恐怖でした。いくら売上をあげても月が替わればゼロになり、今月こそボウズになるかもしれない。ずっと成績が良かっただけに月初の2週間ほど売上があがらないだけで本社からも他店からも何かあったのかと電話がかかってくる。すごいプレッシャーですが同時にだんだん仕事にもマンネリ感を感じ始めていました。結果として退職までずっと成績は良かったです。だんだん手を抜いても成績が上がるようになってきた。手の抜きどころがわかってだんだん要領がよくなってきたのだと思います。

11.  退職へ

充実した日住サービスでの勤務でしたが退職の時が来ました。もともと独立志向のため辞める前提でしたが、直接の辞めるきっかけは少しくだらないことでした。
約3年勤めた12月、すごく売上を上げました。12月の売上成績で1月の給料に歩合がつくので1月の給料は80万円以上あるはずでした。それがなんとふたを開けると22万円です。すぐに総務部長へ電話したところ「当社は今年から部店長は年俸制になりました。このため歩合はつきません」あまりにも理不尽な話です。何の説明もないまま前月分の歩合をチャラにされたのです。それも60万位が消えたのです。総務部長曰く「先に説明しなかったのは悪かったが追って説明会を開く」とのことでした。後日のその説明会でも年俸制になった経緯はよくわかりませんし自分の年俸がいくらになるのかも分かりません。ただ去年年収は確保しますとだけ繰り返していました。
去年年収を確保してくれるなら賞与は半期で100万以上あるはずです。それで夏のボーナスを楽しみにしていましたが50万くらいしかありませんでした。なぜか腹も立ちませんでしたし笑えて来ました。独立に踏み切る良いきっかけになったと思い嬉しかったことを覚えています。平成8年7月のことでした。

       続く