ナサホームの20年(16)

9.みずらぼ急成長

2011年に都島店 2012年にHDC神戸店、尼崎つかしん店の2店舗、2013年に西神中央店、エトレ豊中店、夙川店、千里丘店の4店舗、2014年は六甲店、枚方店、奈良大森町店、阿倍野店の4店舗と急拡大していきました。
みずらぼは先にも書いたようにナサホームの成長の遅さを補い急拡大することを宿命として作った会社ですので出店には力を入れました。ただ初期のころのある日、林社長が表情を曇らせながら私のところへやってきて言いました。「社長、面接は社長がやってください。僕がこんなんだから面接しても誰も入ってきませんわ。」要は内定辞退が続いて本人も自信を無くしたのでしょう。これ以降みずらぼの採用はナサホームの採用と一緒に私がするようになりました。初期のみずらぼの採用といえば面白いエピソードがあります。林と私でみずらぼの面接を都島店で行っていました。なかなか会話のキャッチボールも軽快にできて良い印象の人が来ました。そして最後に筆記試験をやったのですがなんと11点しか取れていません。新卒採用で大学生にさせて平均点が50点くらいの試験です。あの頃は私も若かったのか今思うと乱暴ですが、本人の前で林に言いました。「この人採用するかどうかお前に任すわ。でもこの人採用するならこの筆記試験する意味ないよな。大津、焼肉ランチ食いに行こう。」ランチから帰ってくると採用にしたといいます。それで入社してきたのが棚沢君です。それ以降この筆記試験はやっていません。

10.大坂塾

ある時、愛知県豊橋市の建築会社ブルーハウスの森社長から「大坂塾って勉強会があるんだけど行ってみない」とお誘いを受けました。それで2013年7月に説明会に相当する戦略セミナーに参加しました。大阪塾長がご自身の経験を語り経営の考え方や方法を説明される内容ですが、私自身の考え方に非常に近く共感することができました。船井総研などのコンサルタントは大胆に攻めることを良とする傾向がありますが、大阪塾長はどちらかと言えばそれを戒める立場です。経営者は順調な時に行き過ぎてしまうことがあるけれどもそこから破滅の道を歩んだ多くの会社の話もされます。当時私はみずらぼの出店攻勢をかけ始めていたころでしたが「しっかりした金型ができるまで出店を急ぐな」と戒められます。「経営者はオドオドビクビク経営をしなければならない」このことばも名言だと思います。
大阪塾長は香川県の小さな電気店の長男として生まれ後を継ぎ紆余曲折の苦労の末、ケーズデンキのFCとして500億円以上の企業に育て上げご自身もケーズデンキの常務取締役を務められた方です。そのエッセンスを学べる訳ですがとても真似のできないことが多いのです。何事も用意周到、準備万端、計画づくで行動されます。そして社員教育のレベルも他よりよりよいといったレベルではなく他を圧倒するくらい徹底的にレベルアップをされます。
この大坂靖彦塾長との出会いはみずらぼの出店攻勢の時期で業界でも注目され始めていた時期だけに有頂天にならないように神様が引き合わせてくれたのかと思えるほどの絶妙のタイミングでした。大坂塾長からは現在も私のメンターとしていろいろな教えを頂いています。

ナサホームの20年(15)

8,    みずらぼ始動

ハウスメーカーや家電量販店、ホームセンターがリフォーム事業に参入してくる話題が業界紙を賑わわすようになってきました。それらが本格参入してくる前にリフォーム専業店として一定のポジションを確立する必要を痛感しました。ただこの当時、まだ売上高も30億円の手前でやや頭打ち感がありました。これが30億円の壁かなとも感じネットでいろいろ調べてみました。しかし売上3億円の壁、10億円の壁という記述は沢山あり関連する書籍も出ているのですが30億円の壁については、書籍はおろかネット上の記述もありません。よくよく考えると30億まで行く会社が少ないので本を出しても売れないからだと思いました。いろいろ思い悩んで業界研究、企業研究をしてみました。すると比較的早く成長している会社はすべて水廻り工事の比率が高いことに気が付きました。このことは結構衝撃でした。これまで弊社では「いいリフォームをする会社」「高額工事を請け負う会社」こんなブランディングを一生懸命していました。販促活動でもそうですし、梅田の一等地に本社を移したのもすべてそのブランディングのためでした。しかしそのことが会社の成長にはマイナスであるということに気が付いたのです。そのようなレベルの高いリフォームをやろうとすると高い提案力と工事品質の管理の能力が必要です。それが可能な人材の育成には時間がかかり企業としての成長速度は遅くなってしまいます。デザイン性の高く品質の良い大型工事を扱いたいという想いがあるのですがやはり経営者として企業を成長もさせたい。今更これまでブランディングしてきたことを方向転換もできません。
それでさんざん悩んだ結果、リフォームの中でも需要が多い水廻り工事に絞った子会社をつくることにしました。つまりブランドを分けようと考えたのです。このことにより、新人も覚えるべき建築知識が水廻り工事のみに限定でき早期の人材育成が可能となります。その結果として高速での店舗展開が可能になると考えました。
社名は社員の公募により白井君の出した「みずらぼ」に決まりました。由来は水廻りの「みず」と研究所を意味する英単語「ラボラトリー」からもじったものです。次に社長を誰にするかですが、これは当時、総務部長をしていた取締役の林君が立候補してきました。理由はナサの営業人員を減らすことなく自分が一番適任と思うとのことでしたが、数字にも強いので任せてみることにしました。
そして2011年6月に会社を設立し7月に1号店を都島区高倉町にオープンしました。
ただ、このオープニングでいきなり大失敗をやってしましました。オープン初日、問屋さんやメーカーさんのお偉方が激励や応援に駆けつけていました。華々しくスタートするつもりだったのですがお客様が来ません。10時にオープンしてから待てど暮らせど全く来ません。午後2時ごろになって林社長に「チラシどれくらい入れたん?」と聞いてみると「はい、手撒きで4000枚しました」これにはショックでした。通常ナサホームの新店オープン時には2回に分けて20万枚以上新聞折込をします。それが4000枚。50分の1。林に伝えてなかった私が悪いのですが、任せた以上あまり口出ししてはいけないと思ったのとオープニングで大量にチラシを配布していることぐらいわかっているだろうという私の思い込みが原因でした。これ以降も任せきることと口を出すことの狭間のちょうどいいところを探すのがなかなか難しく感じます。もう一つ意外なことがありました。みずらぼを設立し事業を始めるにあたり商流をこれまでのナサホームとは変えてみることにしました。例えばナサホームでTOTOは問屋A、LIXILは問屋B、Panasonicは問屋Cと決まっていたとします。これをみずらぼではTOTOを問屋C、LIXILを問屋Aという具合に仕入れ先を変えたのです。これは結構いい結果を生みました。詳しくはここでは書けませんが、実績のあるナサホームより設立間もないみずらぼの方が掛率が低いことがよくありました。