休日

昨日は全社休業日でした。
去年の4月に買ったバイクを久しぶりにカバーをとって
洗車して乗りました。

去年、ひょんなことからバイクの免許を取りに教習所へ行くはめになり
中型、大型と続けてとって買ったのですが
冬の間は寒くて乗る気になれませんでした。
暖かくなってきたので4ヶ月ぶりくらいに乗りましたが
やはり、バイクって怖いですね。
若いうちから乗っていればそうでもないのでしょうけれど
40を過ぎてからはやはり怖いです。

しかし、休日に非日常的なことをすると
思いっきり休んだ気になりますね。

それと野球。
よかったですね。
イチローのキャラが変わってきましたね。
これまでは、自己中心的でストイックで感情を表に出さず
インタビューでもまるで皇太子かなにか皇室の人みたいなしゃべり方をしていましたが
今回は、人間的な面を出して喜怒哀楽を素直に表現していたように思います。

普段は休日でもいつも仕事のことを考えていたり
午後から会社へ行ったりですが、昨日はちょっとリフレッシュできました。

スノーボード

昨日、1月3日に会社の若い社員と一緒に
スノーボードに行ってきました。

前に「趣味の話」のところにも書きましたが
私はスキーは得意です。
しかし、スノボーはほとんどしたことはありません。
いやー大変でした。

スキーをしていた関係で
雪の上でのスピード感には慣れていますし
エッジをきかせて減速する理屈はわかるのですが
体重移動の仕方がスキーとは全く違います。

一度は前のめりに転倒しました。
普通なら胸を打って息が出来なくなるものですが
なんと、腹を打って腹が痛かった!!

もう一度は他の人と衝突して
今度は胸を強打しました。
一瞬、肋骨を骨折したかと思いましたが
何とか大丈夫のようです。

しかし、まあ、車を連ねてゲレンデへ行くなんて事は
久しぶりのことで楽しかった。
しかし、頭では昔を思い出してガンガンいくのですが
悲しいかな体がついていけない。
昔、会社の上司が言っていた事がよくわかります。

それと高槻店店長の林君が彼女を
連れてきていたのですが
予想に反してすごく可愛い娘でした。
林君の彼女と聞けばイメージでは
弊社の○○さんとか
以前弊社にいた△△さんとか
そんな感じかなあと想像していたのですが・・・。
まあ、逃げられないように林君には
頑張ってもらいたいものです。

趣味の話 その3

久しぶりに趣味の話をします。
その3は唯一永く続いているスキーの話にします。

初めてスキーをしたのは大学時代
広島の恐羅漢(オソラカン)スキー場という
怖い名前のスキー場でした。
そのときはそのときで楽しかったのですが
それから行く機会がなく
2回目が26歳くらいのときでした。
当時、原田知世の「私をスキーに連れてって」という
映画が大ヒットして世はスキーブームでした。
当時勤めていた鴻池組の同僚と車何台も連ねて
兵庫県のハチ北やスカイバレー
岐阜の御岳や長野の八方、志賀高原、赤倉など
1シーズンに何回も出かけていました。
あのころスキー場では松任谷由美の「サーフアンドスノー」がよくかかっていました。
ですから私の中でスキーを思い出すと今でも「サーフアンドスノー」が頭の中でかかります。
もちろん腕前もめきめき上達し
どんな急斜面でもそこそこ綺麗に滑れるようになっていました。

そして今、若い人は誰もスキーをしません。
会社の若い衆の前でスキーの上手なところを見せようと思っても、
今はみんなスノボーになっています。
私自身の足腰の衰えもあって十数年続いた数少ない趣味のスキーも終わろうとしています。

来年の1月に社員旅行で北海道の行きますが
スノボーに挑戦します。
足腰を鍛えるために今から毎日スクワットでもやるとしましょうか・・・。

体重増とものづくりの楽しさ

歳とともにだんだん体重が増えてきました。
以前、自分で営業していた頃は
正月休みでゴロゴロしていて
2~3キロ太っても仕事が始まると
1週間か10日ですぐに戻っていました。

今、営業を自分ではせず
管理的な業務をしているわけですが
この仕事も結構神経は使うものです。
することはいくらでもあるし忙しいのですが
期限が決まっている仕事が少ない為
自己管理ができていないとだらだらと
時間だけが過ぎていきます。

今でも時々「営業したいなあ」と思うことがあります。
営業をして自分で現場管理をしていると
楽しいことがいっぱいあります。

お客さんと共感しあえて工事を任せていただける幸せ。
現場管理をしていて1つのものが出来上がっていく楽しみ。
職人さんたちと力を合わせてひとつのものを
造り上げていく連帯感。
そして、お客さんに喜んで頂いている笑顔や歓喜。
お客さんの家ですが一つ一つが作品になっていきます。

でもまあ営業し始めると時間にむちゃくちゃ追いまくられるので
もう、営業することはほとんどないとは思いますが、
ものづくりの楽しさだけは忘れずにおきたいと思います。

趣味の話 その2

趣味の話その2はゴルフにします。

ゴルフ暦はもう17年くらいになるのですが
全く上達していません。

27歳くらいのとき
会社の人がよくゴルフに行っていたのですが
初心者はなかなか連れて行ってもらえませんでした。
そこそこ打ちっ放しで練習して
上司に確認してもらってからしか
他のお客さんに迷惑がかかると言う理由で
メンバーに入れてもらえなかったのです。
それで仕事が終わって毎日練習場へ通う日々が続きました。
結構面白くはまりました。
地面をたたいて手の皮が剥けること数度
ダンプカー数台分のボールを打ちました。
そしてやっとコースに行けるようになりました。

初ゴルフは西宮の千刈ゴルフクラブでした。
忘れもしません1番ホール
上司・先輩3人がいきなりそろってOBを出す中
練習の成果あって私だけナイスショット!
そのミドルホールはパーで上がりました。
華々しいデビューでしたが結局その日は
122で上がりましたが初めてにしては上々でした。

その後17年くらい経ちますが
今もスコアは同じくらいです。
過去最高は101ですが
最近では年に1~2回しかコースに出ないこともあって
進歩しません。

ゴルフはとっても好きなのですが
性格的に向かないようです。
 
例えば17番ホールまで終わって
最終18番のパー4を6で上がれば
初めて100を切るというとき
意識しすぎてOBを連発
12くらいたたいてしまいます。

また事前に練習を毎日していて
絶好調のとき
朝一の1番ホール
気合が入りすぎて
ドキドキして
力が入りすぎてOBしてしまいます。

ドライバーで280ヤードくらい飛んで
フェアウェイど真ん中
そんなときに限って
ピッチングでグリーン周りを行ったりきたり。

何でこんなことになるのでしょう。
練習はいやというほどしました。
練習場では結構上手です。プロ並です。

自分で言うのもなんですが
努力家でまじめ過ぎる私には
ゴルフは向かない性格なんだと思って
ほぼあきらめています。

結論:ビビリはゴルフ上手くならない。

趣味の話 その1

ふと思えば私はほぼ無趣味な人間です。
自分ではいろいろな趣味を持ちたいと思うのですが
あまり仕事以外のことに熱くならない性分のようです。
今までであった人の中でいろいろな趣味をお持ちの方が
いらっしゃいました。
囲碁がプロ並の人、ゴルフがシングルの人、
若いのに書道が達人といえるような人
皆さん、趣味が人生を豊かにされているようで羨ましく思います。

こんな私でも過去に趣味になりかけたもの、
好きだったことはいくつかありますので
そのことを何回かに分けて白状しましょう。

先ず、一つ目に錦鯉。
30歳くらいのころ、なんと錦鯉が趣味になりました。
嫁さんの実家に小さな池があったことが幸いし、
結構はまりました。
皆さんも料亭や公園でご覧になることも
あると思いますがこれがなかなか奥が深い。
一口で錦鯉といっても
紅白 大正三色 昭和三色(さんけと読みます)
丹頂 ドイツ鯉などさまざまな種類があり
そのそれぞれに配色のバランスや模様のキワの美しさなど
良し悪しがありまた好みもあります。
私はオーソドックスに紅白が好きでした。
よく、大和郡山の産地まで買いに行ったものです。

ただ悲しいことにその小さな池が色とりどりの
錦鯉で飾られたころ
一匹、また一匹と死んでゆきます。
病気が発生したかといろいろ薬を散布したり
池の大掃除をしたりとがんばってみたのですが
その池の構造に問題があったようです。

その池の真ん中に井戸がありその井戸の水が
池の水になっており
大雨が降ると翌日くらいから池の水かさが上がります。
かなり浅井戸なのでおそらく
近くの田畑の農薬などが流れ込んでいたのでしょう。

いろいろ手を尽くしましたが諦めました。
これが私の趣味、錦鯉との別れです。

今年、新潟県の山古志村付近で大きな地震が
ありましたが、山古志村は日本一の錦鯉の産地です。
あのころかつての錦鯉たちのことを思い出しました。