ニッチな世界

先日、学生時代の友人
と言うか予備校時代の友人数名と集まりました。
年に1~2回集まるいつものメンバー4人なのですが
一人は女医で外科医
一人は開業している歯科医
一人は元ミノルタの社員で今は親から相続した
資産を管理・運用している男性
そして私です。

普段の仕事では何の接点も無い4人ですが
結構何年もこの4人の集まりは続いています。

話題は外科医と歯科医がいるので
医学に関する話が多いのですが
全く普段考えていることと違う非日常的な話題なので
結構興味深い話が多いです。

先日は歯科医の話が私の仕事と共通する部分があって
興味深かったです。

彼は岐阜の歯科大を卒業後阪大の歯学部の大学院へ進み
医局に勤務した後、奥さんと開業した(奥さんも歯科医)のです。
ここまでは普通の街の歯医者さんなのですが
少し違います。

歯医者さんは普通地域の患者を診るものですが
彼の患者は大阪以外の人が6割以上を占めています。
北は北海道から南は九州・沖縄までどころか
一番遠い患者はアメリカのカリフォルニアと言うから驚きです。

彼は医局勤務時代から金属アレルギーを研究していたそうで
今も開業医ながら多数の論文を執筆し海外の学会でも発表しているそうです。
地方の国立大学歯学部の非常勤講師もしているそうです。

でもそれだけなのです。
ホームページを持っているわけでもなく
もちろんチラシを打つわけでもなく
歯科医院の看板を上げていたら
勝手に患者が全国から集まってくるのです。

要するに全てクチコミです。
本人曰く「金属アレルギーと言う研究者の少ないニッチな世界を追求しているとこうなった」
とのことです。

このことは私たちの業界にも応用できるのではないでしょうか。
医学・歯学の世界を我々企業人が商売の世界と同列視するのは
良くないかも知れませんが
専門性を高めた高品質の工事をすることで
クチコミが広がるかもしれません。
たとえニッチな分野でも他社がやらないことを専門的に取り組めば
広告費などかけずにどんどんクチコミで広がるかも知れません。

今後の会社運営を考える上で参考になる集まりでした。

人間ドック

先日人間ドックに行ってきました。
人間ドックといっても総合がん検診で
PETと言う検査の入ったものです。

PETをご存知の方も多いと思いますが
薬剤を注射して1時間ほど安静にしてから
PETの機械を通り
もし癌の部分があるとその部分が着色されて見えるものです。

検査を終えてすぐに医師による説明があるのですが
ちょっと怖いですね。
そこで、末期がんです。とか言われたら死を覚悟しなければなりません。

診察室に入るとモニターが真正面にあって
自分の体がレントゲンのように映っています。
一瞬緊張しましたが癌は見受けられませんとのことでした。
PETでは発見できない癌もあるそうですがとりあえずホット一息です。
たばこやめたほうが良さそうですね。
こんなときだけそう思います。

誕生日

今日1月31日は私の誕生日でした。
えらいことです。
45歳です。
四捨五入すれば50歳です。

若い人には「おっさん」と呼ばれ
年配の人には「まだ若いやんか!!」と責められ
まさに中年真っ只中です。

即ち
まだまだ夢も希望もたくさんあるのに
若い人からは「おっさんやのに」と言われます。

そろそろ疲れやすくなってきて肩こりや腰痛もあるのに
年配の方からは「若いくせになにゆうてんのん」と
叱咤激励されます。

中年の言葉の意味が初めてわかりました。
今までは「人生の中間くらいだから中年」と思っていたのですが、
「中途半端な年齢だから中年」だったのです。

日本の中年の皆さん、
夢を捨てず、くたびれず
今流行の”チョイ悪オヤジ”目指して
がんばりましょう。