INTERVIEW

好きな事を仕事にする。

2007入社
千野 裕司
ナサホームHDC神戸店
店長
Hiroshi Chino

PROFILE

大阪経済大学 経済学部卒業 2007年入社 ナサホームHDC神戸店 店長
インテリア・家具・おしゃれなものが好きだった。自分の家を改装しそれを見た友達に依頼され、やってあげた友人が喜んでくれた経験からこの道に進む事を決意。またこの経験が社風に合ってると感じた。得意なことを活かして人を喜ばせるのが好き。

本気で応援し合える。
それがナサホームの風土。

今まで、バイトでもすぐに辞めていました。飽き性なのもあるのですが、今思うと本気で向き合ってくれる人が居なかったんですね。そんな僕が夢中になれるのがナサホームでの仕事だったんです。しんどい事もありましたが、必ず誰かが見てくれていて、そして本気で応援してくれる仲間がいます。
そして、やってもらったことは返そう!って思っています。僕自身先輩のおかげで成長できたなってのがあるからそれを後輩たちにも伝えてみんなで成長していきたいって思っています。
今は店長として誰かが褒められたら一緒になってみんなで喜ぶことを大事にしています。

仕事している時間って人生のほとんどを占めると思います。だからこそ、楽しまないと絶対損です。一緒に働く仲間にも共有していきたいです。リフォームという仕事をするにしても大切な誰かの家を触るような気持ちでお客様の立場に立ってすることに行うことによって仕事を楽しんでいます。例えば、親戚とか家族とか親しい人がリフォームするときってわくわくしますよね、他のお客様に対しても同じように一緒になって創り上げていっています。人生=仕事=楽しむだと思っています。

好きな会社への気持ちを
展開していきたい。

入社した時はまだ、従業員も30人にも満たないくらいの小さな会社でした。そんな時、社長が「いつか梅田の一等地に店を出す」と言っていて、そのビジョンにすごく心奪われました。自分がやることで会社も一緒に成長できて、どこまで行けるのかが本当に楽しみです。そうやって思えるのも本当にナサホームという会社が好きっていう気持ちから来ていると思います。会社の中にももっとナサホームという会社を好きな人を増やしていきたい。どんどん横に展開して、会社を一緒に作っていくメンバーをもっと増やしたい。チャンスは沢山ある。意識を持っている若手を育てていきたいと思いますね。ナサホームはもっと大きくなると思います。そのためにも人は重要。いい人を育て続けるためにも、僕が率先してその立場になっていきたいですね。