『静電気対策』できていますか?

投稿日:2017.02.18
林 智代

こんにちは、本社 林 です。🙂

節分も過ぎましたが、冷え冷えとした毎日ですね!!

春の訪れを待ちつつ、寒さを乗り越えましょう。❄

 

皆様は、ドアノブを触る時や着替える時に「パチッ」っと静電気を感じた経験があるのではないでしょうか。

静電気は空気が乾燥すると発生しやすくなります。

冬はもともと空気が乾燥しやすいことに加えて、エアコンなどによってさらに乾燥するため、特に静電気がおこりやすい時期です。

実はこの静電気、「パチッ」と痛みを感じるだけでなく、健康に悪影響を与える可能性があることをご存知でしょうか。

静電気は主に物と物が擦れる「摩擦」によって起こり、普通に生活しているだけでも、あらゆる場面で発生します。その静電気が体内に溜まって、一気に放電される時に、「パチッ」と痛みを感じるのです。

 

静電気は、身体に「溜まりにくい人」と、「溜まりやすい人」がいるそうです。溜まりにくい人は自然と生活の中で体外に放電することができているので、痛みを感じることはほぼないそうです。

 

~静電気対策のススメ~衣服の洗濯方法~

衣服は柔軟剤を使って洗濯すると衣服の繊維を柔らかくし、すべりを良くする働きがあるので、摩擦が少なくなって静電気の発生を抑えることができます。

 

~静電気対策のススメ~衣服の組み合わせ~

静電気が発生しやすい衣服の素材には、「ポリエステル」「ナイロン」「ウール」などが挙げられます。上下の組み合わせや重ね着の際に注意してみてください。「綿」は擦れあっても静電気が発生しにくい素材なので、おすすめです。

 

~静電気対策のおすすめ~適度に放電しましょう~

革製品のカバンや財布、ベルト、手袋などに触れると手軽に体外へ静電気を放電できます。ドアノブなどの金属に触れる前に、お試しください。

 

こにような対策をすることで身体に静電気を溜めにくくでき「パチッ」と痛みを感じることを未然に防ぐことができます。
無料ご相談&お問い合わせ
資料請求
来店予約

リフォームのナサホーム