フレンチレストラン「ラ・ベ」に行ってきました。

投稿日:2017.05.25
前田 陽子

最近のお気に入りの食べ物は、「QBBチーズのゆず胡椒味」です、前田です。

たしか「期間限定」で、ある時期を境に見かけなくなっていたのですが、最近また入荷していたのを見つけ、喜んでいます。

さて、そんな庶民派の私が行ってきました!
リッツ・カールトンホテル大阪のフレンチレストラン、「ラ・ベ」!!

高級フレンチ・・・正直、自分にとって普段ご縁がないところなのですが、「一流のサービスを体験してほしい」という主旨のもと、会社から社員全員に誕生日祝いとして招待券をくださり、このような機会を得ました。

なにせ行き慣れないところですから、事前に心配ごとが・・・

その1:『きちんと料理にあったカトラリーがわかるのか問題』

こちら、心配ありませんでした。
「こちらのスプーンでお召し上がりください」など一声かけてくださいました。

その2:『写真はとれるのか問題』

スマホに無音カメラアプリをダウンロードして行ったのですが、両隣の席の方々の様子をみていたら、どなたも撮影されていなかったので、気が引けて、カバンから取り出せずにいたのですが、実は途中からは写真どころではなくなりました。

お料理が運ばれる前にどんなお料理なのかの丁寧な説明を受けるのですが、情報量が多いので、しっかり聞かないと理解できません。聞いても知らないこともある・・・

実は一品目、食材なのだし見たらわかるだろうと完全に油断していたら、見てもなにかわからない形状のものがでてきて焦りました。そんなわけで二品目からはかなり真剣に聞き始めました。

すべてお料理というよりアートという感じでした。

食材がわかっていても、登場してみて驚くもの。
食べてみないとわからないもの。
食べてからもわからないもの・・・(あるんです。特に味付け方面に)

加えて、つけるソースや、一緒に口に含む食材の組み合わせでまた味や食感がかわる。など・・・

視覚、味覚、触覚が大混乱、五感フル回転、といったかなり刺激的な食事でした。

写真には収められませんでしたが、インパクト大だったのでよしとします!

以上、「ラ・ベ」潜入記でした!

(写真なしレポ?に最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました)

無料ご相談&お問い合わせ
資料請求
来店予約

リフォームのナサホーム